新卒の履歴書、内定がもらえる書き方とは?

新卒の履歴書、内定がもらえる書き方とは?

新卒の履歴書について、内定がもらえる書き方を説明します。読者対象は、新卒で就活をしている方です。何に気を付けて記入すればよいのか、人事担当者に聞いた話を基に履歴書の本質について解説しています。

なぜ、新卒の履歴書は書き方が重要なのか?

「新卒の場合、履歴書の書き方はどうすればいいんだろうか?」と疑問を持たれたために、あなたはこちらのページをご覧になっていると思います。履歴書の書き方を探されているということは、就職試験で有利になる書き方をお知りになりたいのですよね。

履歴書の書き方一つで内定がもらえるのであれば、そのようなポイントはぜひ知っておきたいでしょう。もちろん、履歴書だけで内定がもらえることは稀ですが、最初の書類選考が通らないと内定には程遠いですので、とても重要であることは間違いありません。

そこで人事担当者に聞いたところ、非常に興味深い情報が手に入りました。実は、履歴書は見るところが決まっていて、それはたったの2か所なのだとか。

では、重要な2か所とはどこなのか、詳しくご紹介していこうと思います。

新卒の履歴書、たった2つの超重要ポイント!

それでは、新卒の履歴書で注意すべき2つの超重要ポイントについて説明します。実際に人事担当者に聞いた話ですので、ぜひ最後まで目を通してください。

年号は揃えること!

履歴書の年号は揃えることが重要で、書式を統一すべきだというのです。履歴書には大きく分けて2か所日付を入れるところがあります。それは、履歴書の上部にある記入日と、学歴や資格などの入学日・卒業日・取得日など履歴の部分です。

これの何を揃えるのかというと、暦(こよみ)を統一するということです。例えば、記入日を西暦にしたのであれば、履歴の部分も西暦です。逆に和暦にしたのであれば、和暦で統一するということです。日付の書式を混在させてはいけません。

人事担当者が履歴書を見たときに、日付の書式が統一していないと「うっ、分かりにくい…」となってしまうそうです。したがって、暦の部分を見て統一されていない時は、減点対象になるのだとか。確かに、令和2年と2020年が混在したら分かりにくいですよね。

社会人なら知っている一般常識の範囲なので、十分注意したいところです。

写真は貼る前に確認すること!

履歴書は写真を貼りますよね。これは、だれの履歴書であるのかを明確にする意味で、非常に重要な部分です。つまり、履歴書は写真を貼りますので、単なる書類と比較すると重みがかなり異なることが分かると思います。

すると、写真の取り扱い方が重要なポイントになります。ここであなたに質問します、写真の裏に必ず名前を書いていますか? 貼り付ける写真は写りに注意したり、適切な大きさに切り抜いたりしますが、名前を書いていない方が少なからずいます。

写真の名前は必ず書いてほしいのです。なぜなら、写真は履歴書から剥がれることがあり、たくさんの履歴書があると何枚かは剥がれてしまうものなのです。すると、写真と履歴書の組み合わせが分からなくなるのです。

そんな時に写真の裏に名前が書いてあれば、簡単に写真と履歴書の組み合わせが分かります。写真の裏に名前を書くのは当たり前とされていますが、剥がれるという事故が発生した場合に生きてくるんですね。

だから、写真をわざと剥がして名前があるかどうか見るそうですよ。当然、名前が書いてなければ減点対象だそうです。ぜひ注意してください。

上記2点以外で注意すべきポイントとは?

上記以外では、学歴・志望動機・資格・趣味・特技・長所・アルバイト歴・自己PRなど様々なポイントがあると思いますが、封筒の書き方は重要かもしれません。というのも、履歴書を郵送で提出する場合は、人事担当者が最初に目にするのが封筒だからです。

いわゆる第一印象というやつで、敬称の使い方や所在地等の記入位置など、見た瞬間に分かる部分がいくつかあります。例えば、株式会社を「(株)」と表記してしまうと失礼に当たりますし、「様」と「御中」の使い分けができていないと印象が悪いです。

他にも、所在地(住所)を記入したら、そこから少し下げた位置に会社名や担当者名を記入するのが作法ですが、それができていない場合にも印象が悪くなります。また、裏面に差出人の住所と名前があるかどうかもポイントです。

このように、履歴書は内容ではなく書き方(書式)が非常に重要なのです。人事担当者の話では、書き方しか見ていないのだそうです。なので、履歴書は内容ではなく書き方に重点を置くようにすると、減点されにくくなるでしょう。

担当者が履歴書の書き方しか見ないのは、枚数が多いと内容を見ていられないからだそうです。

ここまでの説明以外の書き方は?

内定がもらえる書き方というテーマに絞りましたので、2点+1だけ説明しました。それ以外の部分については、ごく一般的な書き方で問題ありませんので省略させていただきます。

まとめ

新卒の履歴書について書き方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ポイントは2つで、日付の書式を揃えることと写真の裏に名前を書くことでした。これらの部分は、必ず見る部分だと担当者が言っていました。なぜこの点に注目するのかというと、履歴書を手に取った時の見やすさや分かりやすさへの配慮の有無が知りたいからです。

つまり、履歴書は目を通す人の立場で書かなくてはいけないのです。読み手の立場で記入するという配慮が重要だといえます。これは、社会人基礎力の『発信力』に関連しますが、何かを伝えるためにはそれなりの工夫が必要なのです。

相手の立場に立った配慮はお客様目線につながりますので、社会人にとってなくてはならない能力ではないでしょうか。履歴書の書き方について、単なる就活テクニックとして捉えるのではなく、本質を理解していただければ幸いです。

以上、新卒の履歴書について、内定がもらえる書き方として説明しました。

社会人になるのは不安ですか?

社会人になるのが不安でしたら、『社会人基礎力セミナー』を受講してみませんか? 社会に出る準備が出来ますので、新卒でも自信をもって社会に足が踏み出せますよ。社会人歴40年以上のシニアが、自身の経験を基に社会人基礎力を伝授いたします!

こちらのページでは、「社会人基礎力セミナー:基本コース」の詳細がご覧いただけます。受講対象は、当塾のセミナーを初めて受けられる方です。社会人としての第一歩を踏み出すための内容が学べます。

ご相談はこちらからどうぞ ⇒ お問い合わせ

フォローする

「いきなりセミナーに参加するのもなぁ、もっと詳しい話が聞きたいんだけど」という方には説明会への参加をお勧めいたします。

社会人基礎力セミナーの無料説明会