就職でMOSを取得する前に、知っておくべき5点とは?

就職でMOSを取得する前に、知っておくべき5点とは?

就職MOSを取得する前に、知っておくべき5つの知識を説明します。読者対象は、検定を取得して就職を有利にしたい就活生です。MOS取得の重要性について、実際の社会情勢を踏まえながら解説しています。

なぜ、就職ではMOSの取得が重要なのか?

「MOSを取得して就職を有利に進めたい!」と考えたために、あなたはこのページをご覧になられていると思います。確かに、就職活動ではライバルたちに差をつけたいですから、検定の取得など何かしらの武器を持ちたいですよね。

その点で言えば、MOSの取得は重要です。なぜなら、就職において武器になるだけでなく、就職後の実際の仕事で役に立つからです。仕事ではマイクロソフトオフィスを使うことが非常に多いですので、確実に取得しておきたい検定試験だといえます。

そこで、MOSについて就職という観点で詳しくご紹介しましょう。

就職でMOSを取得、知っておくべきポイントはこの5つ!

それでは、就職でMOSを取得する時に知っておくべきポイントをご紹介します。ポイントは5つありますから、しっかり目を通してください。

MOSとは、どんな検定試験なのか?

まず、MOSとはどのような検定試験なのか、しっかり押さえておきましょう。(十分ご存じの方もいらっしゃると思いますが、念のため一通り目を通してください。)

MOSの正式名称とは?

MOSは3単語の頭文字をとったもので、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」が正式な呼び名です。(読みは、エム・オー・エスです。)

MOSはどこが認定する検定なのか?

MOSは唯一マイクロソフトが認定する検定です。なお、「株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ」が日本での受験窓口になっています。

MOSにはどんな種類があるのか?

MOSにはソフトごとに検定がありますが、ややこしいので以下の表にまとめました。

試験科目 一般レベル 上級レベル
(エキスパート)
エクセル(Excel)
ワード(Word)
パワーポイント(PowerPoint)
アクセス(Access)
アウトルック(Outlook)

試験科目が5種類あり、検定につきものの級は一般レベル(旧:スペシャリスト)と上級レベル(エキスパート)の2つになりますが、上級があるのはエクセルとワードの2つです。

また、級ではないのですが、すべての科目を取得すると「オフィスマスター」の称号が与えられます。(エクセルとワードが上級レベル、その他が一般レベルを取得)

米国ではワンノート(OneNote)のMOS検定もあるらしいですよ。

MOSは、他の検定試験とは何が違うのか?

マイクロソフトオフィスに関する検定試験は他にもありますが、MOSはそれらの検定試験と何が違うのでしょうか?

マイクロソフト認定である

最も大きいのは、唯一マイクロソフトが認定しているところではないかと思います。他の検定は主催者が認定しているだけなので、これは大きいですね。

採点基準が厳しい

また、試験の採点基準にも大きな違いがあります。それは、最終的に出来上がる文書の完成度だけでなく、正しい操作を行っているかどうかも見ている点です。一見、見本と同じ文章ができていても、操作が違っていると正解にならないのです。

つまり、自己流ではなくマイクロソフトが推奨する使い方ができているかどうかが、合否に大きく影響するといえます。MOSは「オフィスソフトを正しく使って狙い通りの文書が正確に作れること」が、求められる検定試験であるといえるでしょう。

全世界で通用する検定試験

MOSは全世界で通用します。というのも、MOSは言語が違うだけで、全世界で共通して実施されている検定試験だからです。世界各国で実施されており、アメリカだと州によっては受験料を補助しているそうです。それくらい当たり前に持っているべき検定なんですね。

したがって、日本で取得したMOSは世界で通用しますので、グローバルに活躍したい方にとってはかなり有益な検定だといえるでしょう。(認定証は英語で記述されています)

MOSの必要性とは?

MOSの必要性は、現代社会では増しています。というのも、かなりの仕事でオフィスソフトを使うからです。普通に考えれば、事務職でワードやエクセルを使うような気がするかもしれませんが、実際には様々な現場で使われています。

オフィスソフトは、飲食店ではメニュー作りに使ったり、伝統工芸でも材料の管理で使うことがあります。そのオフィスが使えることを証明する検定試験がMOSですから、取得が必要であることはよく理解できると思います。

先ほども触れましたが、自己流では狙い通りの文書が作れないばかりか、効率が悪いために手書きした方がよほど早いということになりかねません。正式な使い方を知っておけば、仕事を効率的にできますので、MOSの必要性は今後増す一方でしょう。

MOSは就職に有利なのか?

MOSは就職に有利なのかと聞かれれば、場合によるといえます。というのも、持っているのが当たり前になりつつあるので、絶対的に優位になるわけではないからです。ですが、逆に考えると、持っていないとマイナスになるということでもあります。

当たり前の検定を取得してないとなると、採用担当者に対して、「よほど能力が低い人物なのではないか」という印象を与えかねません。したがって、就職で有利というよりはマイナスイメージを与えないために、MOSを取得すべきであるといえるでしょう。

なお、一部の会社ではMOSを取得しているだけで採用されることもあります。おそらく、単に文書作りができるだけでなく、ITリーダー的にふるまってほしいという期待があるのだと思われます。したがって、就職先によってMOSの位置づけは違うということなんです。

未だにITに弱い会社はありますので、そのようなところへ就職する場合はMOSが有利になることはもちろんあります。ただし、IT化が進んでいる会社であれば、マイナス評価にならないようにするために取得するという意味があるでしょう。

MOSを履歴書に書く時のポイントとは?

MOSを取得検定として履歴書に書く時の、ポイントをご紹介します。重要なことは、MOS以外に何の科目でどのレベルなのかを明確にすることです。また、アルファベット・カタカナ・略称が使えます。

  • 例1:マイクロソフト オフィス スペシャリスト Excel 2016 合格
  • 例2:Microsoft Office Specialist Excel 2016 Expert 合格
  • 例3:MOS(Word 2016) 合格

上記例のように履歴書に書いてください。なお、一般レベル合格の場合は、レベルの表記は不要だそうです。上級レベル合格の場合のみ、記入すればよいそうです。

また、主催者や認定機関の名前が必要な場合は、「マイクロソフト」と記載しましょう。

このほかに、認定番号(証書番号)の記入を求められた場合は、基本的には空欄でよいそうですが、どうしてもという時はデジタル認定証に記載があるのでそれを記入します。(数字は無く全てアルファベットです)

参考:履歴書に書くのが恥ずかしい人がいるらしい?

MOSを履歴書に書くのが恥ずかしいという人がいるそうです。だったら何のためにお金を払って取得したのかわかりませんね。どうやら、誰でも持っている検定だから書いても意味がないという人がいて、その影響らしいのです。

先ほども説明した通り、誰でも持っているというのなら書いてなければマイナスです。「書いていない=持っていない」となりますので、能力が低いと思われても仕方ありません。妙な入れ知恵(?)には注意した方が良いですよ。

MOSが活かせる仕事とは?

MOSは様々な仕事で活かせます。マイクロソフトオフィスを利用している職場であれば、どんな仕事でもMOSの知識が生きます。ワードで各種案内や説明文などを作成することはよくありますし、エクセルでデータをまとめたりグラフを作成することもありますから。

また、MOSが直接的に重要な仕事もあります。それは、パソコンインストラクターになりたい場合です。インストラクターはマイクロソフトオフィスの正しい使い方を指導しなくてはいけませんので、MOSの取得は必須だといえます。

他にも、MOSの試験官になる場合も必要です。試験官は一定の科目数とレベルをクリアしていないとなれませんので、やはりMOSの取得は必須です。

このように、マイクロソフトオフィスを使う職場であれば、MOSはあらゆる仕事で活かせる検定試験であるといえるでしょう。

MOSは役に立たないって本当?

「MOSは役に立たないから取っても意味無いよ」という人がいます。私は様々なバージョンで受験したことがあるので断言しますが、非常に役に立ちます。なぜなら、何度も言っているように、マイクロソフト推奨の正しい使い方が身につくからです。

正しい使い方ができれば、極めて効率よく仕事ができます。実は、ほとんどの方がオフィスを自己流で使っていて、5分で済むことを20分ぐらいかけている人もよく見かけます。それくらい、自己流だと効率が悪い使い方をしているのです。

MOSを取得していない人は、全く無駄な時間を費やしているんですね。なので、検定を取得しても意味がないといっている人の話は、根拠がないといわざるを得ないでしょう。(取得できなくて悔しいんでしょうか?)

まとめ

就職でMOSを取得する前に、知っておくべき5つの知識をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

MOSの取得を就職という視点で考えた場合に重要なこととして、その必要性や取得すべき理由を中心に説明してきました。この検定試験のポイントは、取得することが重要なのではなく実際に仕事が効率的になるというところです。

世の中には、取得することが重要で大して役に立たない検定もあるようですが、ことMOSに関しては効率的な使い方が学べる点でとても有用です。MOSを取得している人といない人では作業効率は歴然としています。マイクロソフトオフィスで自己流はマズいのです。

現実に、多くの人がマイクロソフトオフィスを使いづらいと言いながら、無駄に時間をかけて仕事をしています。正しい効率的な使い方を知らないから、そうなってしまうのです。これから社会に出る就活生には、ぜひMOSを取得してほしいと思います。

以上、就職でMOSを取得する前に、知っておくべき5点の知識を説明しました。

参考 MOS受験についてお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。

MOSを受験して、最短で一発合格する方法を説明します。読者対象はMOSを受験したい社会人ですが、学生にも役立つ内容です。筆者の経験から、「これ以上は無い!」と考えられる秘策をご紹介しています。

社会人になるのは不安ですか?

社会人になるのが不安でしたら、『社会人基礎力セミナー』を受講してみませんか? 社会に出る準備が出来ますので、新卒でも自信をもって社会に足が踏み出せますよ。社会人歴40年以上のシニアが、自身の経験を基に社会人基礎力を伝授いたします!

こちらのページでは、「社会人基礎力セミナー:基本コース」の詳細がご覧いただけます。受講対象は、当塾のセミナーを初めて受けられる方です。社会人としての第一歩を踏み出すための内容が学べます。

ご相談はこちらからどうぞ ⇒ お問い合わせ

フォローする

「いきなりセミナーに参加するのもなぁ、もっと詳しい話が聞きたいんだけど」という方には説明会への参加をお勧めいたします。

社会人基礎力セミナーの無料説明会